in

宇宙人来襲!?人が集団パニックに陥るワケ #shorts




#shorts #ミステリー #心理学

1930年代、場所:アメリカ

オーソン・ウェルズが制作したラジオドラマが人々をパニックに陥れた。
そのラジオはとある町での地方局ラジオで流れ、その町に火星人来襲を実況の演出となっていた。

当然、町の多くの人はそれを作り話だと思い聞き流していたのだが、
ひと握りの人間が火星人来襲を信じて、町から本気で逃げ出したのだ。
すると、我先と他の住民も逃げ出す騒ぎになり、町全体で集団パニックを起こしてしまったのだ。

自分一人だけが火星人来襲のラジオを聞いたとしても、おそらく信じないだろう。
しかし、町の多くの人間が同じラジオを聞き、そのうちの数人が騒ぎ出したのを見て、
本当に火星人がやって来たのではないかと、聞き流していた町の人たちも信じてしまった。
つまりパニックが伝染してしまったのだ。

この動画は事実を元に動画を制作しております。
再発防止や防犯意識の向上、事件の風化防止などを目的として制作しております。
視聴者に衝撃を与えたり、扇動する目的はございません。
また、関係者を冒涜したり、その行動を助長したりするといった意図もございません。
動画内の素材は引用であり、著作権や肖像権を侵害する目的はございません。

Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Fireball crashes into the atmosphere during a recent meteor shower

UFO rapidly changing direction. Lakewood, Colorado.